PRICE PREDICTION


研究目的

モノの価格決定要因を解明し、相場観を提示するサービスの開発


要素技術開発

[価格予測モデル開発]

モノの妥当な価格水準の目安を提示する
モノの価格が上がるか下がるかを知らせる、および取引数が増えるか減るか知らせる
すなわちモノの売買の際に欠かせない情報を提供する

ための要素技術として、価格予測モデルを開発しております


実証実験

「商品の情報」「出品に関する情報」「出品者の情報」 「入札者の情報」「市場の情報」を元に価格予測モデルを構築している。

既存の実証オークション研究の成果を踏まえた上で今まで利用されていなかった独自の情報を組み込み、過去の落札データの上記情報から開催中のオークションが最終的にどのくらいの落札額に落ち着くかを統計的に予測する。
データ解析/情報サービス/B&S指数開発/未来価格予測など、 ビッグデータを活用したプライシング戦略のテクノロジーの 開発、ツールの提供、人材の育成を行っています。

この予測値と現在価格を比較することで、モデルで考慮されていない要因で自分の気になる部分に注目すればそれが自分にとってお買い得かどうかの見当をつけることが可能になる。(差の大きい商品にこそ可能性が眠っているとも言える)

すなわち、意思決定の簡略化支援ツールとしての利用が想定される。